ベランダの鳩に困り果てているなら対策をしてみよう

婦人
ハクビシン

ハクビシンから住宅を守る

ハクビシン駆除は業者に依頼すると良く、退治後の後片付けも行ってくれるため、心配と手間が省けて楽です。ハクビシンは警戒心の強い生き物なので、罠を仕掛けられたと感じたら。捕獲するまでに時間を要する事があります。

ねずみ

依頼するメリット

ねずみが発生したら、むやみに触らないようにしましょう。ケガをしたり、ばい菌がついたりするからです。專門の業者に頼んで処理してもらうことが一番です。ねずみ駆除の業者なら確実に捕まえ、処理までしてくれるので安心です。

蜂

翌年以降の被害を防ぐため

アシナガバチの巣には、3〜5月頃には女王と幼虫しかいません。そのため駆除は、この時期によくおこなわれています。8月頃には、新しい女王が誕生します。護衛のためにアシナガバチは凶暴になりますが、翌年の被害を防ぐためには、女王ごと駆除しておくことが大事です。肌を隠しつつ、巣全体に殺虫剤を使用するのです。

被害に遭わないために

悩む婦人

市販グッズで対応する方法

鳩は居心地のいい場所をみつけると何度でも戻ってくる習性があるので、自宅のベランダに来るようになると、何度でも来て、糞をされたり巣を作られたりの被害にあいます。鳩のベランダ対策グッズは、市販で色々あります。主な対策方法としては、薬剤を使う方法と物理的に来れなくする方法があります。手軽に出来るとして人気なのが、鳩が苦手な成分が入った忌避剤です。スプレーやジェルがあるので、ベランダの手すりや室外機の上など、鳩が来そうな場所に使うことで、鳩を寄り付きにくくさせます。物理的な方法は、ベランダに侵入してこれないようにネットを全面に張ったり、剣山を置いて鳩が止まることができないようにするというものもあります。

定期的なチェックと掃除

鳩のベランダ対策で大切なことは、ベランダは、雑然と物を置かずに片付けておくことと、掃除をするということです。室外機の横など目につきにくい場所はいつの間にか鳩の居場所になっていることがあるので注意しましょう。鳩の糞や羽根を見つけたら、放置しておくと、ここは居心地がよさそうだと判断されてしまうのですぐ掃除することが大切です。鳩は、鳥獣保護法で保護されているので、許可がないと自分で駆除や捕獲が行えません。巣がある卵も保護の対象になるので、巣を作られて卵があったとしても自分で勝手に取ることができないのです。もし、ベランダに巣を作られてしまったり、自分での対策が追い付かなくなってきた時は、鳥獣駆除の許可を持っている業者か役所に依頼して対処してもらいましょう。